>

IME PADで文字を探して入力する方法


常用漢字でない漢字や、普段の方法で見つからない文字・記号などを入力したいときなどに、 IME PAD を使って文字を探す方法です。



まず、文字を入力できる状態にします。素材の名前に入力したいなら、名前の上で右クリックして「名前の変更」を選択し、名前が反転した(文字をすぐに入力できる)状態にしておきます。




タイトラーなどに入力したい場合は、まず一度、「メモ帳」などの上で漢字を入力して完成させてから、タイトラーに移して入力すると良いでしょう。

メモ帳を起動するには、画面左下のスタートボタンをクリック、「すべてのプログラム」をクリック、右側のスライダーを下の方へ移動して、

「アクセサリ」フォルダをクリックして開き、中にある「メモ帳」をクリック・選択して起動します。



メモ帳が起動したら、画面左上をクリックして、文字を入力する直前の状態にしておきます。


文字を入力する準備ができたら、次にIME パッドをひらきます。




Windows 7の場合は、画面下部、または画面上に表示された言語バーの中から 「IME パッド」のアイコンをクリックします。





Windows 8 の場合は、キーボードの「ウィンドウズボタン」を押しながら「Dキー」を押してデスクトップ画面を表示し(すでに表示している状態のときは必要ありません)





デスクトップ画面下のタスクバー(下部帯)の右端にある、「 あ 」の上へマウスを移動して右クリック、開いたリストから「IME パッド」を選択・クリックすると、IME パッドが開きます。


IME パッドでは、いろいろな文字の探し方があります。まずは手書き文字で探す方法。



IME パッドの左上にマウスを移動し、方法を選択します。一番左上の「手書き」ボタンをクリックすると、手で描くように漢字を描いて文字を探せます。



マウスでさがしたい漢字を描きます。中央のリストに漢字の候補がリストされます。



リストの中から目的の漢字をクリックすると、用意しておいた部分に文字が入力されます。

(準備しておいた素材の名前や、メモ帳に文字が入力されます)



文字カテゴリーで一覧を表示して探す方法




左上の、上から2番目のボタンをクリックすると、文字カテゴリーに準じてリストされる文字の中から検索できます。



上部の図の▼をクリックして、開いたリストから使用したいフォント(書体)をまず選択し(わからなければメイリオや、MSゴシックなどを選択すると良いでしょう)、

次に左側でカテゴリーを選択します。この例では「 Unicode (追加漢字面) 」を選択しています。

中央に、漢字の一覧が表示されます。このとき、IME パッドの(ウィンドウ全体の)一番外側の淵を引っ張って、画面の大きさを大きくしておくと数多くの漢字を一度に見れるようになります。

あとは一覧から見つけた漢字をクリックすれば、入力準備された部分に文字が入力されます。

この選択方法はすべての漢字を見渡せる一方、あまりに種類が多いのでかえって探しにくいかもしれません。そんなときは次の探し方が良いでしょう。





総画数や部首から探す方法です。総画数で探す場合は「画」のボタンを、部首から探す場合は「部」のボタンをクリックします。




総画数で探す場合は、まず右上でフォント(書体)(この例では「メイリオ」)を選択してから、左上で総画数(この例では4画)を選択します

表示された一覧から目的の漢字をクリックします。(この例では「友」)


部首で探す場合は、左側の「部」ボタンをクリックしたあと、右上でまずフォント(書体)(この例では「メイリオ」)を選択して

左上で画数(この例では3画)を選択し、その下で探したい感じの部首(この例ではさんずい)を選択します。

該当する漢字が一覧にある場合は、選択してクリックすれば、準備された場所に感じが入力されます。




メモ帳に文字を入力した場合は、タイトラーなどにコピー貼り付けで文字を移します。

まず、文字を囲むようにドラッグアンドドロップして文字を選択し(色が反転します)、

次に、「編集」をクリック、リストから「コピー」をクリックしてパソコンに文字を覚えさせます



または、キーボードの「 Ctrl 」キーを押しながら「 C 」を押しても同様に覚えてくれます。



次に文字を入力したい場所を表示させます。DV-7Gのタイトラーの場合は、左上の「 T 」(文字の描画)ボタンをクリックして、編集画面上をさらにクリックし(点線箱が表示される)、

画面左下にある 「文字入力」 のハコをクリックしておきます。




今度はキーボードの「 Ctrl 」キーを押しながら「 V 」キーを押すと、さきほどメモ帳で覚えさせた文字が入力されます。





■■■メニューページに戻る■■■